faxのdmとクレームについてのマニュアルを紹介

faxによるダイレクトメールは安価なコストで実施できますので、比較的多くの企業で使われています。訪問や電話での営業に比べますと、営業する側の手間やストレス、またコストが削減できますので、メリットがあります。その一方で、営業される側は、fax機のインクや用紙の消耗が避けられませんので、物理的な消費が発生してしまいます。そのためクレームが発生する場合もあります。中には紙代の請求をしてきたり、謝罪に来いという企業もあるようです。ではどのようにしたら、クレームの発生を防ぐことができるのでしょうか。faxのdmにも、配信停止依頼の記載欄を付けることが大切です。原稿の下の部分に、今後fax案内不要のチェック欄を設けます。そして返信してもらうように依頼します。チェックして返してくれた方には、今後dmを送らなければ、クレームは発生しません。

faxによるdmのクレームを防ぐには

またfaxdmを以前に送り、クレームがあった相手には、再度送るのを控えなければなりません。もっと強くクレームが来る可能性があるからです。そのため一度クレームのあった宛先は削除するか、リストにまとめるなど、しっかりと管理しなければなりません。この作業は手間と神経を使いますが、重要なことです。それからfaxを送信する時間帯も大切です。早朝や深夜は迷惑になりますので避けましょう。それから相手に関係の薄い内容のdmも送らないようにしましょう。忙しい中、わざわざ目を通したfaxが、関係のない営業内容でしたら、クレームにつながってしまいます。相手の商材やサービス、興味に合っているかをよく確認したうえで、faxdmを送らなければなりません。うまくいけば仕事が増える営業faxで、逆に信用を無くしてしまっては元も子もありません。

クレームを回避するための、いくつかの方法

faxdmは、直接足を運ぶ営業の負担を減らし、顧客を得られるというメリットがありますが、送られた側からのクレームも少なくありません。そのためにいろいろな方法で、いやな思いをさせてしまわないように、気を遣わなければなりません。クレームのあった相手には2度と送らない、時間帯を気にする、不要を知らせてもらうように備考欄を設けるなど、その対策はいくつかあります。個人事業主の方には、経費が全て自己負担となる場合が多いので、なるべく送信するのを控えましょう。それでもクレームが発生してしまった場合には、真摯に謝罪し、相手の話をしっかりと聞くことが重要です。そして今後は2度とfaxを送らないことを約束します。便利な一方でクレームも発生しやすいfaxdmは、使い方をきちんとマニュアル化する必要があります。