faxとdmのクレーム処理と改善するための最適な方法

faxでのdmは、宣伝広告の手段の一つとしてとても効果が高いと人気がありますが、当然クレームが発生することも考えておかなければなりません。しかしクレームを恐れるあまり宣伝広告ができなくなるのも問題です。まずはなぜfaxでdmを送ることが効果は高いのか説明します。それは、Eメールや封書などと比べると圧倒的に目に通してもらえるということです。faxで送ることによって必ずと言っても良いほど、一度は文面を見てもらえるからです。さらに、トータル価格が安く済むため費用対効果が高いことや、faxを一斉送信するだけなので効率よく簡単にdmを送ることができることも理由です。こういったことから、faxでのdmが人気になっていると言えますが、その分クレームに対する対策も必要になります。ではクレームに対する予防策とはどういうことが有効と言えるでしょうか。

faxのdmのクレームが起こってしまう前に行うこと

faxのdmを送る際に注意することがいくつかあり、それらを守るだけでクレームを少なくすることができる可能性があります。まずは、原稿の中にfaxのdmの配信停止希望欄を設けることです。わかりやすく記載しておくことで停止希望が出しやすくなるので印象が良くなりますし、何度も送られてくることが迷惑だとクレームになることを防ぐことができます。次に、送信時間に気をつけることです。深夜や早朝などに送信するとクレームになる可能性が高いです。そして、リストはクリーニングがされている最新のリストを使用することです。宛先が違う相手に届いてしまうことなどを防ぐためです。それから、興味を持ちそうにない内容を送らないことです。そもそも見てもらえない上にクレームになってしまう可能性が高くなります。

faxのdmにクレームが起きてしまったらどうすればいいのか

クレームが起きてしまった時の対応はとても大切です。企業イメージにも関わるのできちんと対処しましょう。まず、faxのdmで起こるクレームで最も多いのが、トナーや紙の無断使用についてです。法律的には問題ないとはいえ、実際トナーや紙を無断で使用してしまっているのは事実なので、必ず配信停止希望欄を設け、電話でのクレームであれば謝罪をして二度と送らないことを伝えfax番号を確認しましょう。そして、配信停止希望のあったお客様のfax番号の削除管理は徹底しておくことは重要になります。万が一にでも二度と送ることがあってはなりません。このように、faxのdmはある程度のクレームが起こる可能性はあるとはいえ、費用対効果の高い宣伝広告手段として有効なので、しっかりと対策をした上で新規開拓に繋げられるよううまく活用していきましょう。