クレームを迅速に処理するためのfaxでのdmの仕方

faxのdmはコストも安く企業が取り入れやすい営業戦略です。受け取る側で紙媒体に印刷されるので、目に留まりやすく、すぐに必要とされなくても保管してもらいやすい広告になります。ただし送信する側にとっては比較的低コストで、手間もかからない利点はありますが、受け取る側にとっては印刷に使われる用紙やインク、トナー代が負担となるため、少なからずfaxのdmでもクレームは発生してしまうことに留意しなければなりません。送信したfax番号が変わっていて意図しない相手に送信されたり、fax番号を公表していない相手に送信されてしまった場合など、ハードなクレームに発展してしまうこともあります。これらのクレームを最小限に抑えるため、受け取る側の心情に沿った誠実さあふれるクレーム対処方法の準備をしましょう。

クレームはfaxでのdmに限ってのことではない

現代社会においては企業、個人を問わず些細なことでもクレームは日常的に発生しています。人と人との関りが薄くなりコミュニケーション不足による衝突や、多くのことからストレスを受けるなどして、心を疲弊させて生きています。その分、望まないこと、好まないものに対しての反発心は強くなってしまいます。寄せられたクレームの内容をしっかりと解析し、そのレベルを切り分けて対処すれば、問題の和解は早急に行えます。faxのdmで発生するクレームの多くは「送信を停止してほしい」の要望です。多くの場合その理由は、内容に対し必要性が無い、興味がない場合です。送信した側は自信をもってお勧めした内容であっても、送信したことに対しての謝罪と、クレーム連絡を頂いたことに対して感謝をお伝えします。クレームは、しっかりとご要望を受け止めたことを示すことが解決の近道です。

faxのdmでクレーム、それをチャンスと受け止める

送信停止が望まれることが高いfaxでのdmのクレーム対策として一般的な方法は、送信する原稿下部に送信停止希望欄を設けることです。この欄に簡単なアンケート項目を追加してみてはいかがでしょうか。誤送信か単に興味がなかったかを切り分ける判断材料にもなります。誤送信の場合は、fax番号をどのように入手したか、用紙やインク代についても言及されるハードなクレームに発展する危険性が高く早急な対処が必要不可欠です。当然ながら再度送らないようお詫びし、即座にfax番号リストがクリーニングされた最新のものにする必要があります。興味がないことを示されたなら、原稿を精査して少しでも興味を持っていただける内容改善で業績向上のチャンスになります。クレームは早急に対処方法を切り分けて、真摯に対処する気持ちの持ち方改善で迅速な処理が見いだせるのです。